新製品情報

おススメです♪

皆さん、おはようございます♪

本日は・・・
「日曜特別営業」です♪


あいにくの空模様ですが、
PM5:00まで営業してますので
皆さん、遊びに来てくださいね

さて先日の・・・・
「角島大橋を遠目に眺める一泊ツーリング」(笑)
に、持って行くのを忘れていた・・・・
「超・低価格なのに優れもの」
の商品のご紹介です

「新製品」ではないんですけどね(^-^;

「ラフ&ロード」様の

「スロットルアシスト!!」

tr001


こちらは
グリップを握らずに手のひらでスロットル操作が出来る為、ロングツーリングやハイウェイクルージングなどが非常に快適楽チンになります。取り付けもグリップに巻きつけるように引っ掛けるだけの簡単仕様でいろいろな車種に取り付けできます。一度使うと止められなくなる便利アイテムです。また、ウインターグローブと併用すると、硬いグローブを握りこまずに済むので疲れません。

◆取り付けは簡単。手で押し広げたら奥へ回しながら、好みの位置に移動させます。
※下にではなく、上に押し上げながらまわしてみてください。
※付属のゴム管は細いグリップやゴム製で無いグリップに取り付ける際のベースに使います。


という商品です

取り付けイメージは
tr001_main
tr001_wh
DSC_0744
こんな感じです

先日のツーリングでは使用してませんでしたが
昨年12月の8時間耐久レースでは
GROMに装着して走行してました。
ミニバイクとはいえ・・・
レースという過酷な条件下でも
右腕から右手の疲労がほとんどなく
街乗りやツーリングでもかなりの効果が期待できます。

個人的には・・・

「すっごい優れもの♡」

なのに・・・

たったの・・・

「税別1200円!!!」



今なら「二輪工房むらおか」に在庫ありますよ
では間もなくAM10:00
「二輪工房むらおか」
開店いたしますDSC_0628


おススメです〜♪

一泊ツーリングの疲労感から徐々に復活中です

さて・・・・
先日のツーリングで、
私の頭を守ってくれていた・・・・59878896_1974674762661547_6250383227748352000_n

SHOEI X-Fourteen

今日はこちらの紹介です

MotoGPに代表される最高峰のロードレースで鍛え上げられてきた、SHOEIのレーシングフルフェイス「X-シリーズ」。
高い安全性と共に、トップカテゴリーのレースサポートから得られた最先端のノウハウを余すところなく投入し、シェル、シールド、内装、エアロデバイス、それら全てを一新。まさにREAL RACING SPECを形にした、レースで勝つためのレーシングフルフェイス、X-Fourteenが世界のサーキットを走り出します。

主な特徴
エアロフォルム
レーシングポジションを科学し高速走行時の空力性能に磨きをかける
サーキットユースに重点を置き開発したX-Fourteenは、ライダーが強く前傾したライディングポジションをベースポジションに設定。そのポジションでヘルメット前頭部から後頭部、そしてレーシングスーツ背面へと流れる走行風を風洞実験で科学的に解析し、シェルのデザインを完成させました。シェルの表面に施されたエッジ&シェイプ、コンディションに応じて交換可能なリアフラップを装備したリアスタビライザー、ロアエアスポイラーは、空力特性を高めるために最適化を図りました。これによって風洞実験による比較では従来比、リフト:−3%、ドラッグ:−10%、ヨーイング:−50%という数値を達成しました(社内参考値)。大幅に向上した空力性能はライダーの疲労軽減にも大いに貢献します。

シールドシステム
ティアオフフィルムの装着に対応する2次曲面のCWR-Fシールドを採用
X-Fourteenには、新開発2次曲面シールド「CWR-F」を新採用。部位に応じて微妙な曲率や厚みを最適化することで徹底的に光学特性を高めたポリカーボネイト製のCWR-Fシールドは、自然でクリアな視界を確保すると共に、シールド剛性を高め高速走行時のシールドのたわみやよじれを解消。QR-Eシールドベースとのコンビネーションで簡単確実な着脱、そして可変軸ダブルアクション機構で高い気密性を確保しました。

PINLOCKR EVO lens
低温時や降雨時に発生するシールドの曇りを防ぐことは、快適なライディングには必須な条件といえます。
X-Fourteenではシールドの曇りを防ぐPINLOCKR EVO lens を標準装備。視界のほぼ全てをカバーする、PINLOCKR EVO lensが曇りを抑えあらゆるコンディションで快適な視界を確保します。

ベンチレーションシステム
走行風を積極的に内部に導き熱や湿気を効率よく排出、風が実感できるベンチレーション
X-Fourteenのベンチレーションシステムは強い前傾姿勢でも十分な効果を発揮させるため、エアインテークをフロントとアッパーの2か所に装備。
トップおよびリアスタビライザー内のアウトレットホールから効率的に負圧を利用して熱気を排出します。
更にX-Fourteenでは、シールド下部に設置したロアエアインテークを2系統に分離し、新たなエアルートを作りました。上側インテークは従来同様に、シールド内面に走行風を導くデフロスター機能、下側インテークは熱や湿気がこもりやすいチークパッドへエアルートを配し、走行風を導きます。



メーカーサイトではこのような紹介がしてありますが
私の印象を少し・・・・

まずは・・・

めっちゃ軽い!!

どういう事かわかりますか?

これは長距離走っても
頸椎付近がほぼ痛くならない・・・
ってことは
疲労が少ない・・・
そして
運転に集中出来る・・・
すなわち
予防安全!!

単純に部材を減らせば軽くはなる・・・・
しかし、転倒時のダメージは大きくなる・・・・
相反する要求をハイレベルで実現したのが

このX-Fourteenなんです。

しかも走行時の安定性が高くて
風圧を上手く逃がしてくれるので
走行中に左右確認する時など
やむなく横を向いても風圧に持っていかれません。
そして、「風切り音」も全く気になりません。
さらに、視界が広い!


そして一番のポイントは・・・
エマージェンシークイックリリースシステム!

万が一のアクシデント時に備えた緊急用ヘルメット取り外しシステムです。

万が一のアクシデントが発生してしまった場合、救護作業を行う第三者がライダーからヘルメットを取り外すことは想像以上に困難です。衝撃吸収性能や快適性はもちろんですが、このような緊急時の救護作業をサポートすることも、ヘルメットの大切な機能のひとつ。SHOEIが開発したE.Q.R.S. (Emergency Quick Release System)は、専用のリボンを引くだけの簡単操作で、負傷の可能性のある頚部への負担を最小限に抑えつつ、容易にヘルメットを取り外すことが可能です。



もうね。。。。
このヘルメットを最強と言わずして他に何が?
な感じもします。

これまでヘルメットを買う時、
まぁまぁ軽い
お値段控え目
安全性
ベンチレーション効果が大きい
ほぼこの4項目が私の規準でしたが・・・

X-Foruteenは
めっちゃ軽い
疲れにくい
安全性最高水準
断トツの快適性能
めっちゃ視界が広い
風切り音が静か
etc

本当に褒めるところしかない


でもね・・・・

唯一・・・・

これだけは・・・・

安全には変えられないのは解ってる・・・・

開発にどれだけのご苦労があったのかも解る・・・・

しかし・・・・

単色モデル ・・・・・・・・60000円(税抜)
グラフィックモデル・・・73000円(税抜)
レプリカモデル・・・・・・76000円(税抜)


あの・・・

買うには結構な勇気が・・・・



まぁ、
法定速度をきっちり守って
法規走行をしっかりやって
予測運転もバッチリやっての
近距離移動だけなら
安全面ではオーバースペックのモデルかもしれません。
しかし・・・
この快適性能はこれでしか味わえないのも事実。。。

先日の一泊ツーリングで900km以上走っても
頸椎の痛みはほんの僅かなのですから
その痛みから解放されるなら
1〜2万高いのは頑張っていただきたい
そもそも・・・
「頸椎付近の痛み」に効くバイク洋品ってたぶん無いですし。

少なくとも私は
「勇気を振り絞って買って良かった!」
と感じてます

ヘルメットの購入予定の方、
候補に入れてみてはいかがでしょう?

私・村岡的には凄くおススメです

お問合せ・購入は・・・
「SHOEIヘルメットセミナー」を受講した
「二輪工房むらおか」へ〜〜〜〜

新製品情報!

ヨシムラジャパン
GROM用「スタンダードエンジン&ヨシムラサイクロンマフラー

その性能を引き出すべく開発されたST-1Mカムシャフトが登場。
純正のカムシャフトと交換し、
燃料調整をして使用するボルトオンカムシャフトです。
2014-02-15
ご注文は「二輪工房むらおか」まで〜〜〜〜
本体税抜き価格21000円で〜〜す


今月のツーリングの参加者も募集中です
↑ ↑ ↑ ↑ ↑(ツーリングの詳細はクリックしてね)


ブログランキングに参加中です
一日一回、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村
Recent Comments
読者登録
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール

motopara7

  • ライブドアブログ